子供の知能を育てる幼児教育の条件とは?

幼児教育を行うには

幼児教育について

子どもの成長は、個人個人によって異なります。 なので、他の子どもと比べることはやめましょう。 子どもに伸ばしてほしい能力だけではなく、子供の個性が伸ばせるように支えてあげましょう。 子どもは幼児期において、興味のあることになるとドンドン成長していくものです。

続きを読む

子どもに合わせる

幼児教育を行うと、子どもは色々な物事に興味を抱くようになります。
それは、子どもの可能性を広げるチャンス以外にも、子どもが興味を持ち色々なことにチャレンジすれば、親にとっては、子供の得意や不得意を知る機会になります。
様々な物事にチャレンジすることで、子どもの自主性を育むことができます。
しかし、幼児教育は、子どもが楽しんで行うことが大事です。
将来のためになるからと、子どもが嫌がるのであれば、幼児教育は無理に行わないようしましょう。

幼児教育とは、一歳から六歳までの間に行う教育のこと指します。
教育とありますが、机に向かうような勉強のことだけではないです。
一歳から六歳までの期間に、遊びやそれを通して歳の近い子どもと関わっていくことで、色々なことを経験して積み重ねていく行程が、幼児教育になります。
なので、一歳から六歳まで期間のうちに経験する物事の全部が、幼児教育となります。
幼児期には、大脳神経系の約八割程度が形成されると言われています。
子どもの人格や能力などの基礎部分が形成される時期と言えます。

幼児期とひとまとめにされていますが、幼児期の成長は年齢によっての大きな差があります。
一歳から二歳ごろの子どもは、歩きはじめ、外の世界を知り、それによって、自我を徐々に形成していきます。
また、この頃から、イヤイヤ期を迎える年頃になります。
三歳から四歳のころは、自分の周りにいる子どもとの関わりが増え、それが社会性を身に付ける始めになります。
五歳から六歳ごろになると、運動や言語の能力などが発達し、コミュニケーション能力が高くなっていきます。

おすすめリンク

幼児教室の種類

幼児教育を行うための施設に幼児教室というものがあります。 幼児教室はそれぞれ、言葉や音楽、運動能力などの伸ばしたい能力に合わせた専門の教室になります。 また、教室によっては、一つの教育方針や、目的のために開かれている教室など、色々な種類の教室があります。

続きを読む

おもちゃから片付けを学べる

おもちゃを使って遊ぶだけが、おもちゃを使用した幼児教育ではありません。 遊んだ後の、おもちゃの片付けから、ものを分類、整理して片付けることを学ぶことができます。 最初のうちは、保護者が片付けるところを子どもに見せましょう。 そのうち、子どもも自然に片付けの手伝いをするようになります。

続きを読む