早期教育との違い | 子供の知能を育てる幼児教育の条件とは?

幼児教育を行うには

幼児教育について

幼児教育を行う上での気を付けておくべき点

まず、子どもは、思うように遊ばせてあげましょう。
子どもがワクワクするというような興奮などや身体を動かすことにより、脳の前頭葉が刺激されて発達が促されます。
脳の前頭葉は、集中力や我慢と言った理性を司っている部分になります。
集中力や我慢強さと言ったものは、勉強を行う上でも、大事なものになります。

子どもが失敗しているとつい、口出しや手助けをしてしまいますが、考える時間を与えることは大事なことになります。
子どもが自分で考える試行錯誤することで、思考力や自主性が成長していくからです。
また、間違いや失敗行うこと学べることがあります。

子どもが間違いや失敗で落ち込んだときは励ましましょう。
子どもが成功したときは、子どもと一緒になって喜んで、そして子どもを褒めてあげましょう。
できたという経験から達成感を得て、チャレンジ精神が身に付いていきます。

幼児教育と早期教育の違い

幼児教育と早期教育は同じような意味に思えますが、その意味は、それぞれ違うもののことになります。

幼児教育とは、一歳から六歳まで幼児期における教育の全部を総称したものです。
生涯にわたって、勉強を行い学習していく基礎を養い育てていくことを重視しています。
幼稚園や保育所、幼児教室での学習だけではなく、地域社会や家での生活などの、幼児期おける生活全般が教育となります。

早期教育は、小学校入学前に、教育を取り入れるというものです。
早期教育は主に、小学校受験などを意識した知識の習得や、運動や芸術と言ったものを学ぶというものになります。

幼児教育は生涯にわたる学びの基礎を育てるもので、早期教育は小学校受験などのための勉強をすることを意味します。


この記事をシェアする